タスクペディア式とTaskChute式タスク管理を合体!Excelタスクペシュ

タスク管理用のエクセルブックを作成したので公開します。名前は「タスクペシュ」と言います。ページ中盤でこのエクセルブックをダウンロードできるので、ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

これは何?

「タスクペシュ」は、タスクペディア式のオープンリストとtaskchute式のクローズリストを合体させたエクセルタスク管理ツールです。

快適にタスク管理ができるように、VBA(マクロ)と数式が組み込まれています。

タスクペディア式オープンリスト

ここでは、やるべきことをタスク。そのタスクを達成するために必要な細かなやるべきことをサブタスクと言います。タスクが「部屋掃除」だったら、サブタスクは「窓を開ける」「掃除機をかける」「ゴミ出しをする」といった具合です。

タスクとサブタスクを保管・ 管理する場所(エクセルシート)が、オープンリストです。
タスクが発生した都度、このリストにタスクとサブタスクを追加していく、常に開かれた状態のリスト=「オープンリスト」と言います。

「タスクペシュ」では、 オープンリストの管理にタスクペディア式手法を採用しています。

タスクぺディア式の主な特徴

  • タスクを達成するために必要なやるべきことをサブタスクとして細かく分解して管理
  • サブタスク毎にボール持ちを示す”状態”を管理(ボールが自分にある”当方”、相手にある”先方”、会議など時間が来れば勝手にやってくる”未到来”、いつかやる”いつか”)
  • サブタスク毎に着手日と締切日を入力
  • サブタスクは表示・非表示を切替えられる、完了したサブタスクも同様
  • タスクには次実施するサブタスクがNextActionとして表示

taskchute(タスクシュート)式クローズドリスト

今日やるサブタスクだけをまとめたリストです。仕事開始時に今日やることを決めてた後は、突発的な緊急タスク以外は追加することがないゆえ、閉じられたリスト=「クローズドリスト」と言います。

「タスクペシュ」では、 クローズドリストの管理にtaskchute式手法を採用しています。

taskchute式の特徴

  • 並んだタスクを上から順番に実施することで、迷いなくスムーズに仕事を進められる。
  • 各タスクごとに必要な見積時間を設定しているので、全てのタスクが完了する(今日の仕事が終わる)時間が常に把握可能
  • 開始と終了時間を入力し、タスク実行にかかった実績時間がわかる

タスクペシュの特徴とダウンロード

タスクペディア式のオープンリストとtaskchute式のクローズリストを合体させたのが「タスクペシュ」です。

日々発生するタスクは、オープンリストに登録し、実行しやすいようにサブタスクへ分解。

オープンリストのサブタスクに設定された実施予定日や締切日をもとに、今日やるサブタスクのみをクローズドリストに自動表示。仕事を始める前にクローズリストの実施順序を決めれば、今日やるべきことを明確化できます。また、今日やったこと、残っているやるべきこと、今日予定したサブタスクがすべて終わる時間を常に把握して仕事を進めることができます。 

「タスクペシュ」の主な特徴

  • タスクペディア式のオープンリストとTaskChute式のクローズドリストを備える
  • オープンリストとクローズドリスト、どちらかのデータを更新すると、更新内容がもう一方のリストを自動反映→リスト管理が楽
  • オープンリストのサブタスクに実施予定日を入力しておけば、その日になるとクローズドリストに自動表示→抜け漏れが激減
  • サブタスクの締切日を先延ばしした回数を表示→先延ばしによる地雷化を回避
  • 着手日、締切日、実施予定日ごと日毎のサブタスク数と見積時間の合計を任意の1ヶ月間表示→業務量の把握、カレンダーでは分からない忙しい日・暇な日が分かる
  • 実施予定日に終わらなかったサブタスクは翌日へクローズドリスト自動繰越、繰越回数も表示→抜け漏れが激減
  • 過去に実施したクローズドリストの実績を復元表示→業務内容報告に役立つ
  • クローズドリストのサブタスクをダブルクリックするとオープンリストの当該サブタスクへ瞬間移動
  • エクセルベースなので仕事中に使いやすい(職場によりますが)
  • インターネット環境が不要
  • 機能追加要望は大歓迎!Twitterや当ブログの問い合わせフォームから連絡下さい

→タスクペディア式オープンリストの使い方はこちら

→taskchute式クローズドリストの使い方はこちら

タスク管理エクセル「タスクペシュ」クローズドリストの使い方
引き続きタスク管理エクセル「タスクペシュ」について。今回はクローズドリストの使い方を紹介します。「タスクペシュ」は下記ページからダウンロードできます。...

注意点

  • WindowsのOffice2010・2013・2016・2019とMacのEXCEL2019で動作確認しています。
  • アバストでウィルスチェック済みですが、念のためご自身でウィルスチェックしてからご利用下さい。
  • ソースコードは非公開です。もし何らかの方法で知り得たとしても、無断転用などは禁止です。

ダウンロードはこちらから

Googleドライブ↓からダウンロードしてください。Googleスプレッドシートでは動作しないので、ダウンロード後にエクセルにてご利用ください。

taskpechu_v211003.xlsm

※初回起動時にエラーがでるかもしれません。その場合はエラーメッセージで「終了」ボタンを押し、上書き保存した後にエクセルを閉じて下さい。以降は問題なく使えるはずです。

<更新情報>https://imohapi.com/taskpechu-update/
V1.4.4 2021/10/03【Mac再対応】
V1.3.3 2021/08/14【Mac非対応】
V1.2.2 2021/06/23
V1.1.1 2021/04/11
V1.0.0 2021/01/05
V0.4.4 2020/08/14
V0.3.3 2020/06/17
V0.2.2 2020/04/26 https://imohapi.com/taskpechu-0-2-2/
v0.1.1 2020/03/14

今後の開発予定

開発終了を宣言するまでは、細々と開発を続けていくつもりです。
不具合や機能追加要望などTwitterや当ブログのフォームから連絡もらえれば対応できるかもしれません。

良くも悪くも感想を、Twitterなどでシェアしてもらえると励みになります。

プライベートのタスクを管理する場合、エクセルだと使いにくいので、ゆくゆくは、マルチプラットフォームなGoogleのスプレッドシート辺りで同じものを作ってみたいと思ってます。(モチベーションが保てれば・・・)→マクロ動作速度が遅いため開発断念

素晴らしき公式ツール紹介

最後にタスクペシュのオープンリストを作成するにあたり、参考にさせてもらった公式ツールを紹介します。

タスクペディア

小鳥遊 @nasiken さんが考案されたエクセルベースのツールが総本家です。小鳥遊氏のブログForGetting Things Doneからエクセルを入手できます。

小鳥遊さんのエクセルツールをもとにした無料で使えるwebベースのタスクペディアもあります。webベースのゆえマルチプラットフォーム対応、動作もサクサクです。フィルタ機能やカテゴリ機能が当エクセルよりも充実しているので、使ったことがない方は是非お試し下さい。

公式タスクペディアでは寄付を募っています。タスクペディアが気に入ったら是非寄付を。寄付の詳細はこらら(余談ですが寄付金控除の対象になります。)

taskchute

シゴタノ!の 大橋 悦夫 @shigotano さんが開発したエクセルツールです。

エクセルとは思えないほど、多機能でビックリします。充実したルーチン機能や、ここ一週間のタスク量、完了タスクの分析など、当エクセルよりも充実しているため、こちらも使ったことがない方は試してみて! 無料版がTaskChute1で、機能強化された有料版がTaskChute2です。

マルチプラットフォームを求めるなら、クラウド版TaskChuteCloud(月or年払い)もぜひ!

以上、終わり!

タイトルとURLをコピーしました