EXCELタスク管理「タスクペシュ」アップデート情報まとめ

タスクペシュアップデート情報のまとめページです。今後、アップデート関連の情報は、この記事の上部に追記していきます。

最新版のダウンロードは引き続き、下記ページの中段からダウンロードできます。

スポンサーリンク

2021年6月19日更新(予定) Ver1.2.1

機能追加変更

  • カレンダー
    • シートを新規追加
  • タスク情報
    • リピート系タスクの情報を表示追加
  • クローズドリスト
    • 見積と実績時間の大小をアイコンセットで表現できる機能を追加
    • 「突発&割込」ボタン追選択範囲でダイアログ並替できる機能追加
    • 「x日先送」の入力日付に対する曜日表示を追加
    • 「x日先送」の入力日付を変更できるボタンを追加
    • サブタスクの締切日を変更するとオープンリストの締切日も変更を反映する機能追加
  • オープンリスト
    • リピート系タスクに[最終●曜]と[第○●曜]を設定できる機能を追加
    • クローズドリストの最下部に移動できるボタン追加
    • 使用不可領域だった3行目を使用可能に変更

不具合修正内容

  • クローズドリスト
    • 突発サブタスクの発生日が保存されない不具合
    • リピート系タスクを割込処理で分割させると、以降も分割表示が継続してしまう不具合
    • 見積時間合計が24時間を超えると正しく表示できなくなる不具合
  • オープンリスト
    • サブタスク行を移動するとハイライト表示が残る不具合
    • 見出し直下で行追加すると、見出しの表示が崩れる不具合
  • タスク情報
    • 1日の見積時刻が24時間を超えると正しく表示されない不具合
  • 設定&変更
    • ラベル書式を設定後、「設定反映」ボタンを押してもラベル書式が反映されない不具合
    • 時間で自動保存する機能で、タスクペシュのブックを閉じても、開かれた他のブックが存在すると、自動保存時刻に自動でタスクペシュのブックが起動してしまう不具合

補足説明

カレンダー

カレンダーシートで設定した開始日~終了日に基づいて、オープンリストからサブタスクを抽出します。抽出条件は日付のほかにサブタスクの状態でも抽出可能です。

想定している使用用途は、将来の予定確認や、タスク情報で見積時間が多すぎる場合、どんなサブタスクが予定されているのかを確認するためです。

サブタスク状態を未到来(m)で抽出すれば、リスト型のカレンダー(予定表)になります。

「タスク情報」と同様に、各サブタスクの「完了日」「実施予定日」「締切日」「着手日」の入力状態を加味して表示されます。

リピート系タスクも、リピート間隔を考慮して表示されます。但し「セクション」は表示しません。

カレンダーの一番左の列は、なぜそのサブタスクが、その日付に表示されたを意味する文字列が表示されます。

  • 「完」:完了日が一致
  • 「実」:完了日が空白 And 実施予定日が一致
  • 「締」:完了日が空白 And 実施予定日が空白 And 締切日が一致
  • 「着」:完了日が空白 And 実施予定日が空白 And 着手日が一致 And 着手日 ≠ 締切日

このカレンダーは各サブタスクを表示するのみです。このカレンダーからサブタスクの内容を編集しても、オープンリストやクローズドリストには変更内容が同期されません。サブタスク編集が必要ならば、オープンリストから編集してください。

なお、カレンダーのタスク列をダブルクリックすると、当該サブタスクがあるオープンリストの行へジャンプできます。(クローズドリストと同様)

2021年4月9日更新 Ver1.1.1

機能追加変更

  • セクション機能
  • セクション内サブタスク移動【クローズドリスト】
  • [選択上部(下部)移動]の表記を[↑↑(↓↓)]に変更【クローズドリスト】
  • [x日先送り]のデフォルト日程を前回入力値を保持【クローズドリスト】
  • 処理方法の見直しで全体的にパフォーマンス若干向上
  • クローズド上部の見積時間合計やタスク情報の見積時間の表示をm分(h時)からh:mm表示に変更(サブタスク毎の見積・実績は変更なし)

不具合修正

  • クイックアクセス(CTRL+R)で3つ目のボタンが動作しない不具合
  • ハイライト表示が残る・消える不具合
  • 割込処理が異常になる不具合【クローズドリスト】
  • 突発タグがない場合、突発タスクがサブタスク毎に作られてしまう不具合【オープンリスト】
  • 突発タグがない場合、突発サブタスクがタスク内の上部に追加されてしまう不具合【オープンリスト】

補足説明

セクション機能について

セクション機能とは、1日の中に10時や12時、17時といった任意のタイミングにセクションを設けて、そのセクション毎の終了予定時刻が確認できる機能です。セクションはクローズドリストで黒バーで表示されます。クローズドリストのタスク実行順序を調整する際に便利です。新規追加の[セクション]という特殊タグと既設の[リピート]特殊タグを組み合わせて使用します。

セクション機能の使い方

  1. オープンリストの任意の場所に、新規タスクを作成する
  2. タスク名に [セクション][リピート] と入力する([セクション][リピート]の前後に任意文字が入ってもOK。例えば テスト[セクション][リピート]テスト でもOK。[セクション]と[リピート]か前後逆でもOK)
  3. 上記[セクション]タスクの下に作りたいセクションの数だけサブタスクを作成する
  4. サブタスク名は何でもOK。セクションとしたい時刻(10:00など)や”朝”や”昼”といったサブタスク名がおすすめ
  5. 作りたいセクションの数だけサブタスクを作成する

以上を実施することで、クローズドリストにセクションが表示されるようになります。

個人的に設定しているセクション名

セクションはリピート設定されているため、毎日、クローズドリストに出現します。

機能としては、クローズドリストのセクションよりも上にある未完了サブタスクの見積時間と現在時刻から計算した結果がセクションのサブタスク名に表示されます。これにより、クローズドリストの上からサブタスクを予定通り(見積時間通り)に実行していくと、そのセクションに到達するのが何時になるか分かります。

当日、セクション時間帯が過ぎさった場合は、セクションの終了時刻に当該時刻を入力して、セクション自体を完了させてしまうことをおすすめします。

例えば、「午前」というセクションを設定していた場合、当日、12:00を過ぎたら「午前」セクションの終了時刻に12:00と入力して完了扱いにします。

理由は、クローズドリストに並んだタスクは、翌日以降もその順番をできるだけ維持して並ぶため、セクションの終了時刻にセクション時間を入れて完了させておくと、翌日のクローズドリストの並び替えが少し楽になるためです。

セクションは完了させなくても問題ありませんが、設定で「開始終了時刻のカーソル移動」を有効にしていると、セクションも完了していないサブタスクと判断され、カーソル移動されてしまうため、注意が必要です。何かの事情でセクションを完了させたくない場合は、状態を未到来(m)にするか、過ぎたセクションをクローズドリスト最終行へ移動させるなどの方法を取ってください。

セクション内の移動

クローズドリストの「↑」や「↓」ボタンで選択したサブタスクをセクション内で移動させるボタンを追加しました。セクションの最上部(最下部)でさらに「↑(↓)」ボタンを押すと次のセクションに移動されます。

そして、スペースの都合で従来からあった「選択上部(下部)移動」は「↑↑(↓↓)」に変更しました。

「↑↑(↓↓)」はクローズドリスト内で大きく移動、「↑(↓)」はセクション内で小さく移動と覚えてください。

2021年1月5日更新 Ver1.0.0

  • サブタスクにラベル要素を追加
  • タスク情報シートの表示方法変更
  • タスク情報シートにラベル要素表示を追加
  • クイックアクセスにタスク・サブタスク検索機能を追加
  • クイックアクセスを開いたとき、カテゴリのドロップダウンリストが開いた状態で表示されるよう変更
  • クイックアクセスのタブオーダー修正
  • クローズドリストとオープンリストに移動するためのショートカット追加
  • クローズドリストの基準日変更ボタンを追加
  • クローズドリストの途中に突発タスクを追加した場合、リスト下部に勝手に移動してしまう不具合修正
  • オープンリストに「クローズドへ送る」ボタン追加
  • オープンリストの見出しを編集すると表示が崩れる不具合修正
  • ハイライト表示が残ったり消えたりする不具合を修正

補足説明

ラベルについて

オープンリストにラベルという項目を追加しました。ラベルとはサブタスクがどんな行動なのかを表すものを想定しています。

ラベルを設定する目的は2つあります。

1つ目は視覚的に分かりやすく1日の流れを組み立てるため。設定シートで設定したラベル名称とフォントをオープンリストのラベル欄に入力すると、設定したフォントでオープンリストとクローズドリストに表示されます。

クローズドリストで1日のサブタスク実施順番を決める際、例えば集中力が必要なものは午前中に済ませて、午後は単純作業をしようといった具合や、同じようなサブタスクはまとめて済ませようなど。1日の流れを組み立てやすくなります。1日の流れを組み立てるとき(=クローズドリストの並び替え)にラベルがフォントで色分けされていることで、やりやすくなります。

2つ目はタスク情報シートで分析するため。タスク情報シートで、ラベル毎のサブタスク数・サブタスクの所要時間が表示されます。今後実施する、または実施したサブタスクがどんなものが多いかなど、分析に役立ちます。

タスク情報シートの変更

青網掛けのセルがユーザー任意入力箇所になります。その他はマクロや数式で自動入力されます。

着手・締切・実施予定・完了の集計方法も次のように変更しました。

  • 完了したサブタスクは完了日に完了としてカウント。着手・締切・実施予定にはカウントしない。
  • 未完了で実施予定日が決まっているサブタスクは実施予定日に実施予定としてカウント。着手・締切にはカウントされない。
  • 未完了で実施予定日が決まっていないサブタスクは着手日に着手として、締切日に締切としてカウント。ただし、着手日と締切日が同じ場合は締切としてカウントする(着手としてカウントされない)。

上記変更で忙しい日とそうでない日がパッと見でわかりやすくなりました。

クイックアクセスの検索機能

クイックアクセスのフォームにオープンリストのタスクやサブタスクの検索機能を追加しました。

検索入力ボックスに検索したい文字列を入力した後、「タスク」ボタンを選択することで、オープンリストのタスク列のみを検索します。同様に「サブタスク」ボタンを選択するとオープンリストのサブタスク列のみを検索します。 ボタンを押すごとにいわゆる”次を検索”されます。

検索がヒットすると、その場所に画面移動されます。ヒットしない場合は何も起こりません。

クローズドリストを使っているときにオープンリストのタスクを確認したくなることが多々あるために追加した機能です。

キーボードから手を離さなくてもオープンリストのタスク・サブタスクへ移動できます。(CTRL+Rでクイックアクセスを呼び出し→初期状態で検索ボックスにカーソルが来ているためそのまま検索ワードを入力→Enterでタスクボタンにカーソル→Enterでタスク検索実施[サブタスク検索する場合はTab→Enter])

オープンリストに「クローズドへ送る」ボタン追加

オープンリストの「クローズドへ送る」ボタンを押すことで、オープンリストの表示のままクローズドリストの取込ボタンを押すのと同様な処理がされます。

オープンリストで実施予定日に今日をセットし、 このボタンを押してオープンリストのタスク列ダブルクリックすれば、 すぐにクローズドリストでそのサブタスクを開始できて便利です。

2020年8月30日更新 Ver0.5.5

  • 選択中のサブタスクを色付けして分かりやすくする「ハイライト」
  • クローズドリストで開始したサブタスクを上部へ移動
  • クローズドリストで選択した順番に上部へ移動
  • クローズドリストのシートをアクティブ時、自動でタスク取込
  • 指定したフォルダにタスクペシュをコピーする「バックアップ」ボタン
  • オープンリストにあった「オープンリストデータ取込」ボタンを設定&説明シートに移動
  • オープンリストの「コピー」ボタン押下時、不要なメッセージがでる不具合修正
  • オープンリストのサブタスク表示切替時、まれに意図しない動作になる不具合修正
  • クローズドリストの未到来控除が反映されない不具合修正

補足

今回追加した機能は全て「設定&説明」シートにて機能を使うかどうかを設定可能です。

クローズドリストで選択した順番に上部へ移動

クローズドリストの並び替えに新しい方法を追加しました。

クローズドリストでタスクを選択してボタンを押すと、そのタスクがクローズドリスト上部に移動します。

どの列を選択しても動作します。

controlキーを押しながら複数選択することで、複数のタスクを一括して移動できます。このとき、選択した順番にもとづいて、クローズドリストの上部へ移動します。(初めに選択したタスクが一番上になります。)

その他の説明は、 エクセルの「設定&説明」シート を御覧ください。

2020年8月14日更新 Ver0.4.4

  • 操作数や時間で自動保存する機能
  • 設定変更ができる項目を追加
  • オープンリストの任意タスクへのクイックアクセス
  • オープンリストとクローズドリストの見出しをダブルクリックでお互いへジャンプ
  • クローズドリストの開始終了時刻の入力支援ショートカット
  • オープンリストの[リピート][毎月x日]の挙動を変更
  • タスク情報シートへ移動した際、エラーになる場合がある不具合対策

補足

簡単な説明は、エクセルの「設定&説明」シートに書いてあります。New!と書かれた部分が今回のアップデードです。(ビックリマークなしのNewは前回のアップデート内容)。

設定変更

「設定&説明」シート から設定変更できる項目は、以下のとおり。設定値は青塗りつぶしセルに入力してください。

  • 自動保存までの操作回数[回]
  • 自動保存までの時間[分]
  • 未到来タスクの割込
  • 開始終了時間のカーソル移動
  • 突発タスク登録確認
  • 終了時間で並替

あまりに頻繁に自動保存させると煩わしいので、操作回数は20~30回、時間は15~30分程度がおすすめです。クローズドリストの右上に、「保存時刻」「次回保存時刻」「保存までの残り操作回数」を表示しているため参考にしてください。

オープンリストの任意タスクへのクイックアクセス

クローズドリスト上部に設置したボタンかショートカットCtrl+Shift+Rで次のユーザーフォームが現れます。

入力ボックスには頻繁にアクセスするタスク名を入力します。内容は記憶されます。入力ボックスの左のボタンを押すと、その入力ボックスの内容に部分一致したオープンリストのタスクへジャンプできます。

タスク名は10個登録できます。いつでも修正可能です。

ユーザーフォームの最下部にあるコンボボックスは、オープンリストのカテゴリが表示されるので、選択するとそのカテゴリへジャンプできます。

クローズドリストの開始終了時刻の入力支援ショートカット

クローズドリストの開始時刻を入力する際、ショートカットCtrl+Shift+Tを押すと、直前に完了したタスクの終了時刻が開始時刻に入力されます。

終了時刻を入力する際、ショートカットCtrl+Shift+Tを押すと、開始時刻+見積もり時間が終了時刻に入力されます。

開始終了時刻を普通の方法で入力し忘れたときに使うと便利です。

オープンリストの[リピート][毎月x日]の挙動を変更

初回登録時でも、次のx日が実施予定日として入力されるように変更。

その他のアップデートの説明は、 エクセルの「設定&説明」シート を御覧ください。

2020年6月17日更新 Ver0.3.3

  • 【オープン】リピートタスクにx日毎を追加
  • 【オープン】 リピートタスクに毎月x日を追加
  • 【クローズド】EXCELダイアログによる並び替えボタン追加
  • 【クローズド】割り込みにて分割されたタスクそれぞれの実績時間が分割されたタスクの合計値になってしまう問題を修正
  • 【クローズド】 割り込みにて分割されたタスク(完了済み)を修正すると、分割されたタスク(未完了)が完了になってしまう問題を修正
  • 【クローズド】実施予定日>完了日となるタスクをオープンリストから取り込むとエラーになる問題を修正
  • EXCELシート内に簡単な操作説明シート追加

補足

リピートタスク

リピートタスクは従来どおり、オープンリストのタスク名に[リピート]を付加すると、毎日クローズドリストに表示される。

今回追加したリピートタスクにx日毎は、オープンリストのタスク名に[リピート][x日毎]を付加することで、実施予定日基準でx日毎になるとクローズドリストに表示される。”[”と”]”は半角。”x”は半角数字。

同様にリピートタスク毎月x日は、 オープンリストのタスク名に[リピート][毎月x日]を付加することで、 毎月x日になるとクローズドリストに表示される。 ”[”と”]”は半角。”x”は半角数字。

引き続き、 リピートタスクは未来のタスク確認では表示されません。また、過去の完了済みタスクを確認する際も表示できません。未来のタスク確認で表示したい場合やタスク実施状況のログを残したい場合は、リピートではない通常のタスクをご利用ください。

EXCELダイアログによる並び替えボタン追加

クローズドリストに並び替えのEXCELダイアログを呼び出せる「ダイアログ並替」ボタンを追加しました。

一般的な方法でダイアログから並び替えをしても、上手くできませんでした。このボタンからダイアログを呼び出すことで、問題なく並び替えができるようになります。

ただし、完了済みタスクは上部で固定です。

2020年4月28日更新 Ver0.2.2

2020年3月16更新 Ver0.1.1

以上、終わり。

タイトルとURLをコピーしました