ビブラム ファイブフィンガーズの履き心地がたまらない

ビブラム(Vibram)『ファイブフィンガーズ(FiveFingers)』は、ソール(靴底)メーカーで超有名なビブラム社が作る”5本指シューズ”です。

以前にもファイブフィンガーズを愛用していたのですが、引っ越しの際に紛失・・・。

あの履き心地が忘れらず、ようやく念願のリピート購入を果たしました。

購入したモデルは『KSO EVO』。

FiveFingers

今回は『ファイブフィンガーズ』の魅力を紹介します。

ちなみに、私はジョギングやジムはしないので、使用用途は外での普段使いです。

スポンサーリンク

○自然な履き心地

『ファイブフィンガーズ』ということで五本指シューズ。

素足で履いたほうが、フィット感が増してオススメらしいですが、私の場合は臭くならないよう五本指ソックスも履いています。

FiveFingersと五本指ソックス

ソックスを履いた状態でも、十分にフィットして快適です。

初めて『ファイブフィンガーズ』を履いたときは特に感動はなく、こんなもんかなぁといった印象でした。

しかし『ファイブフィンガーズ』に慣れた頃に今まで履いていた普通の靴を履くと、親指や小指が窮屈感を感じます。

今まで履き心地が良いと思っていた靴だったのに、”えっ、実はこんなに窮屈だったのか!”とビックリ。

それほど『ファイブフィンガーズ』は自然な履き心地で、気持ちが良いのです。

ソールが薄いので足裏からの情報量が格段に多く、タイルやアスファルト、点字ブロック、僅かな段差、砂利の多さ、滑りやすさなどが足裏から伝わってきて、いつも歩いている道でも新鮮に感じます。

FiveFingersソール

歩いたり走ったりするのが楽しくなる靴です。

足指が自然な位置に来るため、外反母趾・浮き指・扁平足などの足指や足裏のトラブルに効果があると言われているのも頷けます。

足指で地面をつかめるので踏ん張りも利くし、薄いソールとアッパーによりほぼ素足のような感覚のため躓くことも滑って転ぶこともほとんどありません。

↓のようにアスレチックでもバランスを取りやすい。

KSO EVO

○足が鍛えられ引き締まった足に!

『ファイブフィンガーズ』を履くと歩き方が自然と変わります。

普通の靴で歩くと踵(ヒール)から着地していると思います(=ヒールストライク)。

『ファイブフィンガーズ』で踵から着地すると、ソールが薄く足が痛いです。

痛いというか衝撃がダイレクトに足から伝わるので不快です。

『ファイブフィンガーズ』は土踏まずのちょっと前で着地します(=フォアフット)。快適に歩こうとすると自然とこうなります。

FiveFingers側面

このフォアフットで歩くと、ふくらはぎの筋肉が使われます。

普段使用していない、ふくらはぎの筋肉が刺激され引き締まった脚になります。

紛失以来、久しぶりに『ファイブフィンガーズ』で30分歩いた翌日は、ふくらはぎが筋肉痛になりました^^;

初めて『ファイブフィンガーズ』を履く場合は、足が出来上がるまで、少しづつ慣らしていくのがいいです。

○ちょっと歩くだけで体ぽっかぽか

足は第二の心臓と言われていますよね。

上記のように、歩くと”ふくらはぎ”が鍛えられ、さらに靴底(ソール)が薄いため路面の凸凹がダイレクトに足裏に伝わり刺激されます。

砂利が敷かれた駐車場なんかを『ファイブフィンガーズ』で歩くと、温泉に置いてある軽い足つぼ健康ボードの上を歩くぐらいに痛気持ちいいです。

だから歩けば、すぐに足も体もポッカポッカ。血行が良くなるのがすぐに感じます。

通気性がメチャクチャいい『ファイブフィンガーズ』で寒い中を歩いても、体がホットなのでヘッチャラです。(ただし冬に長時間立ち止まっているとメチャ寒い)

FiveFingers紐

(↑KSO EVOは靴紐を結ぶタイプではなく、レースロックで固定します。余った紐はぶらつかないように先端をマジックテープでアッパーに固定できる工夫がされています)

○体に優しい

足(足裏・ふくらはぎ)が鍛え上げられてしまえば、普通の靴よりも楽に長時間・長距離歩くことができます。

理由は着地がソフトだから。

踵で着地すると、着地の度に進行方向に対してブレーキを掛けるような動作に。このとき衝撃が足首から膝、さらには上半身まで伝って各関節にダメージが蓄積され疲れます。

『ファイブフィンガーズ』は土踏前部でソフトに着地するから足の筋肉は疲労するものの各関節へのダメージは少ないです。

筋肉と関節だったら筋肉の方が疲労回復が早いので、『ファイブフィンガーズ』の方が楽に歩けるのです。

FiveFingers指先

歩いているときの視界のブレも上記の理由から『ファイブフィンガーズ』の方が少ない。

普通の靴が”手ぶれ補正がないカメラで撮った動画”を見ている感覚だとすると『ファイブフィンガーズ』は”手ぶれ補正のあるカメラで撮った動画”ぐらい違います。

変なブレがない分、目にも優しいと考えます。

そして頭から一番遠い場所である足裏の感覚を感じやすくなるのは、体にとっていい気がします。(運動神経が刺激される的な)

○軽くてコンパクト

軽めの靴で300〜400g。

『ファイブフィンガーズ KSO EVO』は約140g。とっても軽い。

アッパーはメッシュ素材なので柔らかいので、ペタンとコンパクトになります。

私はよくビンディングシューズを履いてロードバイクに乗るとき、鞄に『ファイブフィンガーズ』をくくりつけて出かけていました。

軽くてコンパクトなので、持ち運びやすくて便利でした。

ジムに持っていくシューズや、旅先でのサブシューズなど、持ち運ぶ靴としても都合がいいです。

↓ちなみに『KSO EVO』は、かかと部分を踏んでも使える仕様になっているので、スリッパのような使い方もでき、旅先で気軽に履けるサブシューズとしてもオススメです。

KSO EVOカカト

×水が染み込みやすい

『ファイブフィンガーズ』の一番の欠点はソールの薄く、アッパーはメッシュっぽい素材ゆえ、水が染み込みやすいこと。(トレッキング用のモデルならアッパーがしっかりとしているから、もしかしたら大丈夫かも)

普通の靴ならへっちゃらな水溜りでも『ファイブフィンガーズ』は一発アウト。

とくに足指の間が弱点。

KSO EVO

雨が上がっても油断できません。水溜りはなくても、公園などで水分の含んだ土の上をあるくと、じんわりと染みてきます。

動物園にある感染症予防の消毒液マットなんかはもう最悪。

×重い荷物を背負っていると歩きにくい

フォアフットなので重心を進行方向に傾けて歩くことになるのですが、重い荷物をリュックに入れて背負っていたり、子どもをおんぶしたりすると、重心が後ろ気味になって非常に歩きにくいです。

前重心になるようにかなり意識しないと上手く歩けません。

慣れかもしれませんけどね。

○×? 見た目が・・・

人に会えば、すぐに気づかれ「面白い靴を履いているね」とか「足袋履いてるの!?」。子どもからは「怪獣みたい!」と反応されます。

間違いなく電車の中では足元をジロジロ見られます。

話のネタにもなるし、私のようにちょっと変わったデザインが好きな人にはオススメ!

形もさることながらカラーリングもドギツイものが多いので、見た目でまず無理という人も多そう・・・。

↓なんか、なかなかの攻め具合。

まとめ

オススメポイントをたくさん書きましたが、やっぱり自分で履いて少し歩いてみないと、この良さはわからないと思います。

ちょっと値段が高いのがネックですが、”身体に密接に関わるものはできるだけ良いものを”と思っているので、個人的にはもう一足欲しいぐらいです。

以上、履き心地抜群のオススメシューズ ビブラム『ファイブフィンガーズ』の紹介でした。

終わり

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする