邪魔なローラー台とバイクを室内にスッキリ置く方法

独身の頃に買った室内で自転車トレーニングできるローラー台があるんですが、家の中に置くと、これがすごく邪魔でして物置でホコリを被っていました。

しかし、今年はSDA王滝に参戦しようと、最近、物置からローラー台(サイクルトレーナー)を出して来ました。

バイクは普段、外の物置に置いてあるんですが、そのバイクも室内に持ち込み、ローラー台にセット。

しかし、妻から邪魔と文句を言われてしまったので、対策を考えてみました。

スポンサーリンク

気持ち良いローラー台、だけど邪魔

IMG_3623-b0fc5

3日に1回は、1時間程度乗るようにしてます。
ここのところ運動不足でしたので、音楽を聞いたり、ツール・ド・フランスを見ながら、バイクを漕いで汗をかくのは最高に気持ち良いです。

しかし、家の中、どこに置いてもやっぱり邪悪です。
狭い我が家で唯一セットできる場所に置いて見ましたが、このようにベランダ出入口を塞いでしまいました。

スペースを取るのは、ローラー台の宿命です。

良い置き方を発見!

ところが、このローラー台を利用して、使わない時はスッキリ収納というか、スッキリ置いておける方法を発見しました。
(自分が知らなかっただけかもしれませんが)

このように、壁に立て掛けられます!

IMG_3627
使わない時は、このように立て掛けておけば、あまり邪魔になりません。

どうやっている?

私の持っているローラー台は、MTBにも使えるように、ミノウラのリムドライブ式を使っています。

IMG_3639

ローラー台にバイクをセットした状態で、バイクのハンドルを持ち上げると、後輪ハブを軸にして、後ろの壁まで持っていけます。

しかも、リムドライブを解除しなくても大丈夫ですので、さっとセットして、さっと片付けられ気軽にトレーニングできます。

他のタイプのローラ台でも出来る?

ローラー台には、3本ローラとタイヤドライブとリムドライブの3種類に分けられます。

はっきりとは言えませんが、構造上、タイヤドライブやリムドライブなどの後輪固定式ならば、恐らく他のモデルでも、この壁立て掛けができると思われます。

これで、妻に文句言われづに、室内に置きっぱなしにすることが出来ました。
次回、「うるさいローラー台を段ダンボールで騒音対策

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする