モバイルバッテリーを新しくした。バッテリーの進化に驚いた[cheero Power Plus 2 mini]

スマホのバッテリー切れ対策に、三洋のスティックブースターを使用していました。

しかし、このスティックブースターは正直、使い勝手が悪い。
新品のケーブルを使っても、ちょっとした振動ですぐに充電が停止してしまったり・・・
しかも、今の時代、単三2本ではちょっと力不足・・・。

ということで、楽天セールを利用して、cheeroのPower Plus 2 mini 6000mAhを新たに購入してみました。

スポンサーリンク

cheeroのどのモデルのバッテリーにしよう?

モバイルバッテリーを買うなら評判の良いcheeroのやつを買おうと前から思っていました。

ブランドはcheeroと決まっていましたが、cheeroのどのバッテリー、現行モデルで12種類ぐらい?出ているので、どのモデルか結構悩みました。

10000mAhオーバーはそこまで容量は必要ないと思い除外し、ミドル級で探しました。

サイズや重さ、容量、値段、デザイン、出力が2A対応有無、出力口数をそれぞれ比べてみて、「Power Plus 2 mini」にしました。

サイズと容量のバランスが良いのが決め手です。

Power Plus 2 miniを紹介!

パッケージ開封!

パッケージです。

cheero Power Plus 2 miniパッケージ

中身は、携帯ポーチと本体、USBケーブル、説明書です。
cheero Power Plus 2 mini中身

付属のポーチは本体をケーブルが余裕で入る大きさとなっています。起毛っぽい素材です。
cheero Power Plus 2 mini袋

本体を触ってみた!

サイズは小さいですが、ずっしり重いです。表面はザラザラ・ひんやりな感触。

cheero Power Plus 2 mini本体

本体はアルミ素材ということで、プラスチックの物よりも質感がいいです。
バッテリーの敵である熱もプラスチックボディーより放熱しやすくなって良いのでは?

左の電源ボタンを押すと、上のLEDメーターが光って残量を3段階で教えてくれます。

cheero Power Plus 2 miniメーター

2回電源ボタンを押すと、LEDライトが点灯。
cheero Power Plus 2 miniライト

多分、使わないけどあれば安心です。
6000mAhだからライトとして使えばかなりの長時間使えそうですね。

充電してみます。充電中も残量メータが光って残量を教えてくれます。

cheero Power Plus 2 mini充電

ちなみに、↑写真の充電方法は、ACアダプターの熱を受けてしまうので、おススメしません。

使ってた感想

一応、ガラケーとスマホの非常用電源ということで、10日ほど使って、ガラケーを1回フル充電し、スマホを15分ぐらい充電しただけなので、残量メモリが一つも減ってません。

エネループのやつと比べて、サイズはそれほど大きくないのに、容量はかなり大きくて驚きです。

ちょっと重いですが、サイズは小さいので、カバンにいつも入れて安心して出かけられます!

あまり使う機会のないバッテリーですので、満充電状態の劣化を考慮して、あえて80%ぐらいの充電で止めて運用するのが吉っぽいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする