レンズプロテクターは必要?不要?

私は、レンズフードがあれば、レンズプロテクターは要らないと思っていました。

しかし、以外とたくさんの人が、レンズプロテクターは必須と言われていたので、やっぱり付けたほうが良いかなと思い検討+調べてみました。

スポンサーリンク

レンズプロテクター必要 or 不要

必要派と不要派の意見をざっくりまとめて見ました。

必要派の意見

  • 付けていた方が安心
  • 付けても写りに、ほぼ影響ない
  • レンズ清掃に伴うコーティングへのダメージがある
  • ブロワーで取れない黄砂のような微粒子が細かいキズ付ける

不要派の意見

  • 付けると稀に悪さをする
  • レンズの前玉キズって意外と写りには影響してこない
  • 前玉のキズ修理って意外と高くない
  • フード付けてれば、レンズを落とさない限り、キズがつく可能性は少ない
  • 落下させたらプロテクターがあっても前玉を絶対守れると言うことはない

などなど、悩ましいですね。

前玉の修理費ってどのくらい?

気になったので調べてみました。

Canonのサイトで調べてみたら、僕の持ってるレンズは「外部レンズよごれ・キズ」対応で、5千円~1万円ぐらいでした。

参考にLレンズのEF24-70 2.8L II USMでも1万2千~1万9千円ぐらいです。

↓のサイトより対象レンズのページ中段の「機種別費用詳細」より見れます。
http://cweb.canon.jp/cgi-bin/e-support/repair/select/index.cgi?ct=2

やっぱり、意外と安い気がします。

まとめ

必要ないかな。

プロテクターの値段も径によりピン切りですが、そこそこの物を買うなら、五千円以上はします。

プロテクター買うお金を貯金しといて、写りに影響でるほどのキズが付いたら、修理に出そうと思いました。
安レンズしか持っていないから、こんな事が言えるのかもしれませんが。

以上、物欲に負け続けている私が久しぶりに勝利した話しでした。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする