鍵の持ち運びはキーケース+カラビナがオススメ

みなさん、鍵の持ち運びは、どのようにしているのでしょうか?

以前の私は、家や自転車、車の鍵をキーホルダーでまとめ、剥き出し状態でポケットやカバンに入れて持ち運んでいました。

この方法だと、次のような問題がありました。

スポンサーリンク

鍵の持ち運びの悩み

  • ジャラジャラとうるさい
  • カバンやポケットのどこに仕舞ったか忘れ、探すのに手間取る
  • 鍵が他のモノを傷つける

そこで、キーケースを購入しました。
キーケースにより、上記の問題をいくつか解消できました。

しかし、まだまだ次のような不満が残りました。

  • 車や自転車など、時として不要な鍵を簡単に取り外せない
  • 相変わらず、カバンやポケットをガサゴソ探す

キーケースを落とした時のリスクを考えると、使わない鍵は一緒に持ち歩かないほうが良いのは分かっているけど、私は超面倒くさがり。

超簡単に不要な鍵を取り外せないと、自転車で出かけるのに、全く必要のない車の鍵まで一緒に持ち歩いてしまう。

フックタイプのキーケースなら鍵を付け外しできますが、もっと素早く簡単にできる方法がないかと模索しました。

キーケース&カラビナで便利に!

そこで今度は、キーケースにカラビナをつけてみました。
キーケースとカラビナ

キーケースには、使う頻度が高い鍵だけをセット。私の場合、家の鍵と外の倉庫の鍵です。

ちなみにキーケースは、hertzのOrgan「ギボシ留め縦型キーケース(GS–23)」を4年以上ずっと愛用しています。

使いやすいキーケースとは言えませんが、スリムなデザインで、手に収まりやすくて気に入っています。

革のエイジングも進んで愛着がわき、ずっと使い続けたいと思っています。

それはさておき、車や自転車の鍵は、キーケースではなくカラビナ側にセット。
キーケースとカラビナ&車のキー

そのキーケース&カラビナを、ズボンのベルトループやカバンに引っ掛けて、持ち運びます。

休日は、鍵を使う機会が多いので、ズボンのベルトループにぶら下げています。

特に休日は、車を使用する機会が多いので、ズボンに車のスマートキーをぶら下げておけば、遠隔の施錠・解錠がしやすくて便利です。

仕事の日は、鍵の使用頻度は少ないので、通勤用カバンの外側のループにぶら下げ。

カラビナを使用することで、いつも決まった場所に付けることができるようになりました。
カバンやポケットをガサゴソ探すことは一切なくなりました。

カバンやスボンにぶら下がっているので、使う時も、さっと取り出せます。

ただし、自分でさっと手に取れるということは、他人でもさっと取れてしまうということ。
盗まれないように注意が必要です。

また、ループに掛けたつもりが上手く掛かっていなかった・カラビナが何かの拍子に開いてしまった・カラビナが壊れたなどで鍵を落とさないよう注意です。

車の鍵や自転車の鍵は、カラビナ側にセットすることにしたので、必要がある鍵とない鍵を簡単に取り替えて、外出できるようになりました。

これで万が一キーケースを落としても、被害が最小限ですみます。

愛用しているカラビナ

カラビナは、開閉部分(ゲートと言う)がしっかりしたものを選ぶことがポイントです。

ゲートは、横からの力に強いものを選ばないと、↓のように、いつの間にかパカッとゲートが開きっぱなしになって落とすリスクが高まります。
カラビナ ゲート外れ

あと、ぶら下げて使用するので、カラビナが小さい方が、ブラブラと揺れにくいのでオススメです。

そういうことで、私は、↓のNITEIZE(ナイトアイズ) の S-BINER(エスビナー) サイズ#1を使用しています。

普通のカラビナだと、ベルトループへの着脱のとき、開いたゲートから鍵が落ちたりすることがあるので、↑のエスビナーのようにゲートが2つあり、それぞれのゲートが独立しているタイプだと安心です。

エスナビーは、#1と#2の両方のサイズのものを持っていますが、上にも書いた通り、できるだけ小さい方がブラブラしにくいので、小さい#1サイズがオススメ。

↓左が#1(スチール)、右が#2(プラスチック)
エスビナー #1と#2

落とさないように、ゲートにロック機能が付いたの↓エスビナー スライドロックなんてのもあります。

エスビナー スライドロックは、使ったことがないので、使用感はわかりませんが、良さげなので、いつか欲しいと思っています。
ただ、 スライドロックシリーズの一番小さいサイズが#2なので、#1でもあったらいいのに。

ちなみに、S-BINER サイズ#1のような小さなカラビナだと、ズボンのベルトループなら問題なく引っ掛けられますが、フックが小さいのでカバンに引っ掛けるのは難しい場合があります。

そんな時は、↓のように大きなカラビナをカバンに装着し、大きなカラビナのゲート部分に小さなキーケース付きカラビナを掛けるようにしています。大小のカナビラ

大きなカラビナは、プラスチック製がおすすめです。金属製だと重いので。

↑の写真でもあるように、ブラックダイヤモンド(BlackDiamond)のプラスチックカラビナ『ジャイブワイヤー』を私は愛用しています。

最後に、ちょっと話が変わりますが、キーケースと一緒にまとめておくと便利なのアイテムを紹介します。

ズバリ、小型な革製の靴ベラです。

鍵と靴ベラは、使うタイミングが一緒になることが多いので(玄関などで)、一緒にしておくと便利です。

靴ベラは、他のものを傷つけにくくて、ガチャガチャ音が出ない↓のような革製がオススメ。

私は、スニーカーを購入した時におまけで付いてきた、靴ベラをくっ付けています。
キーケースと靴べら

以上、オススメな鍵の持ち運び方、「キーケースにカラビナを付けて、ズボンやパッグにぶら下げる」でした。

終わり

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする