風邪対策で買ったパナソニックのスチーム吸入EW6400をレビュー

我が家の風邪スパイラルを聞いた実家の母が、パナソニックのスチーム吸入器をプレゼントしてくれました。

スチーム吸入 使用時

私も小さい頃、風邪をひいてのどが痛くなった時、スチーム吸入器を使っていたことを思い出しました。そのおかげか、風邪が悪化することもなく小学校から高校まで学校を病欠することなく皆勤賞をもらい続けました。

そんなことを思い出しながら痛い喉を潤すためスチーム吸入器を久々に使ってみましたが、やっぱりこれはいい!

使って良かったので、今回はパナソニックのスチーム吸入器EW6400Pをレビューします。

スポンサーリンク

パナソニック スチーム吸入器EW6400P

スチーム吸入器は、スチームにより鼻やのどを加湿&洗浄することで、風邪や花粉症、声の出し過ぎ、タバコの吸い過ぎに伴う、のど・はなの不快な症状を和らげる効果があるとされています。

なおこのスチーム吸入器は薬剤は使用できません(自己責任で吸入薬を使っている人もいるようですが)

症状に合わせた3つのモード

「のどイガイガモード」「はなムズムズモード」「はなづまりモード」の3つのモードがあります。

スチーム吸入 モード選択スイッチ
モード選択スイッチとスチーム量選択スイッチ

「のどイガイガモード」は、荒いスチームを口から吸うことでのどを潤し、のどの痛みやイガイガ感を緩和してくれます。 このモードに切り替えると蒸気噴出ノズルがちょうど口元に向きます。

口から蒸気を吸って鼻からはく呼吸方法で使います。痰の絡みが楽になり喉の不快感が改善されてます。

蒸気が粗くお湯の霧吹きのような感じ。そのため口の周りがベチャベチャになります。

妻はベチャベチャになるのを嫌って、のどが痛いときでも「はなづまり」モードを使っています。そのほうが効果はさておきミストが細かくて気持ちいいんだとか。

吸入マスクに顔もしっかりと押し当てていれば、口元から滴る水は排水容器に流れていくので、ポタポタと机に垂れることはありません。

排水容器はいっぱいになりやすいですので、片付けをする時には水をこぼさないように注意が必要です。

「はなムズムズモード」は、細かいスチームを鼻から吸うことで鼻のムズムズ感を緩和するモードです。

正直あまり使わないモードで、このモードを使うんだったら後述する「はなづまりモード」をよく使用します。「はなムズムズモード」も「はなづまりモード」も鼻の方向へ蒸気が噴出されます。鼻から吸って口で吐く呼吸法で使います。

「はなづまりモード」は、さらに細かいスチームで鼻づまりに効果があります。鼻が詰まっていても効果あるとのこのです。

はなづまりにすごく効くということはありませんが、やっておけば気持ち楽になる気がします。

かなりきめ細やかなスチームなので、美顔スチーマーのようにも使用できます。

豊富な調整機能で大人も子どもも使える

スチーム量は多いor少ないから選択できます。スチーム量が少ない方が長い時間できるのでオススメです。

スチーム温度調整はノズル部分をスライドさせ、隙間の広さを調整することで温度調整ができます。

スチーム吸入 スチーム温度調整

高さは収納ケースを土台にすることで、大人でも使用しやすい高さに調整ですます。子どもだったら収納ケースはつかわずに置けばちょうどいい高さになると思います。

スチーム吸入 ケースは台座にもなる

本やテレビなどを見ながらやったりと工夫すれば、子どもも嫌がらずにやってくれます。むしろ好きな様子です。蒸気が心地いいのか、吸入すれば楽になるのがわかっているのかな?

パナソニック スチーム吸入器EW6400Pの使い方

準備方法は本体の後ろに描かれています。

スチーム吸入 使用準備方法

アタッチメントを外し↓

スチーム吸入 アタッチメントを外した

本体のボイラータンクキャップを外し水を30ml入れます。専用の30ml軽量カップが付属してきましたが、小さいので早速どこかに行ってしまいました。ボイラータンク内にも目印があるので、軽量カップがなくても問題なしです。

スチーム吸入 ボイラー

次に給排水カップの給水側にも水を入れます。↓のストローみたいのが給排水カップから水を吸い上げるためのチューブです。

スチーム吸入 給排水タンク

チューブを給水側に入れて、給排水カップを本体にセットしたら準備完了です。

あとはスイッチをONにして、好きなモードを選んで蒸気を吸入ができます。吸入途中でほかのモードに切替てもOK。

蒸気が出なくなったら終了。ボイラータンクの水のほうが早く終わるように設計されているようで、給排水カップの給水側に水が少し残ります。

結露で水滴になったり口から垂れたヨダレ(?)が並々と入っている給水カップの排水側とボイラータンクの残ったわずかに水を捨てれば片付けも終わり。

我が家では、普段は給排水カップの排水側だけささっと洗って、それ以外の部分は水を捨てるだけ。

気が向いたときだけアタッチメント部分(マスク部分)や給排水カップ全体を洗ったりしています。

洗って乾燥したら、アタッチメントのマスク部分が回転するので内側に回し、収納ケースにいれておけばホコリも付かずに保管できます。

スチーム吸入EW6400

パナソニック スチーム吸入器 使ってみた感想

  • 「のどイガイガモード」は口の周りがベチャベチャになるけど、タンが楽に切れるようになるので効果ありです。
  • 一番きめ細やかな蒸気になる「はなづまりモード」は万能でおすすめ。のどが痛いときに使ってもOK。暖かくて細かい蒸気が気持ちいいです。美顔スチーマーとしても使える。ただし、はなづまりはちょっとマシになるぐらいで、ハッキリとした効果は感じられません。
  • 「はなムズムズモード」は中途半端な立ち位置で使っていません。花粉症に効果があるかもしれないので春になったら活用してみようと思います。
  • 吸入中に水が垂れることはありませんが、準備や片付けの際にどうしても少し垂れてしまうので、ティッシュ1枚程度の拭くものが必要になります。
  • 子どもでも退屈しない工夫をすれば喜んで吸入してくれます。

以上、パナソニック スチーム吸入器EW6400Pの紹介でした。下手に薬に頼るよりもいいと思います!オススメ。

終わり

関連コンテンツ
健康子育て
芋づるハピネスをフォローする
スポンサーリンク
芋づるハピネス

コメント