卓上三脚としてManfrottoのミニ三脚PIXIを購入。コスパ最高だった!

お家の中で家族集合写真やブログ写真を撮るとき用で三脚が欲しくなりました。

卓上で使いたいので、小さめの物を物色した結果、Manfrottoのミニ三脚PIXIを購入してみることにしました。
むねさだブログのレビュー記事で便利そうだなと思ったのがきっかけです。

デジタル一眼にもコンデジにも!Manfrottoのミニ三脚「PIXI」がメチャ良かったぞ! | むねさだブログ

お値段も2000円台と、買いやすい値段設定でポチりやすいです。
とても良い三脚でしたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

Manfrottoのミニ三脚PIXI

本体を細かくチェック!

おしゃれなパッケージに入ってやってきました。
pixiパッケージ表

パッケージ裏にも使い方などのちょっとした説明があります。
pixiパッケージ裏

足を閉じた状態です。この状態でもギリギリ自立します。
pixi一脚

足を開いて見ました。何か妙にカッコイイ、いい脚してますね!
pixi脚を開いて三脚
表面はツヤ消し塗装になっているので、質感は値段以上に良いです。

裏からも撮ってみました。とっても丈夫そうな感じです。
pixi裏から

足の裏には、しっかりと滑り止めが付いています。
pixi脚底の滑り止め

三脚の脚をスペース的に全開できないときがありますが、極端ですが写真のように、脚が閉じ気味だと脚裏の滑り止めが接地しなくなってしまうので、注意です。
pixi滑り止めの浮き
同じく、脚を閉じ気味にして三脚の高さ調整をすることも、要注意です。

ネジも綺麗に切ってあるし、カメラ本体との接点はゴム性ですので、キズ予防や予期せぬ回転防止になりそうです。
pixi雲台

この赤いボタンを押し込むことで、上部のボール部分が自由に動き、角度を変えることができます。pixi自由雲台ロック解除

カメラを載せてみた

買ったばっかりのPENTAX MXに装着してみました。
PENTAX MXとPIXI
うむ、カメラも三脚もカッコイイです!
このPENTAX MXは、サイズはミラーレスぐらいですが、重さはズッシリとあります。
重さ1kgまでOKとのことで、これくらいなら余裕です。

今度は、Canon kiss x6iです。レンズはキットレンズのEF-S18-135mm でテレ端まで伸ばしてます。
kissとEF-S18-135レンズテレ端

ボディが軽くてレンズが重いので、心配でしたが、強風でもない限り問題ないと思います。
しっかりしていますが、多分これ以上長いレンズだと厳しそうです。
ボディがもっと重ければバランスが取れて大丈夫かもしれませんが。

限界まで上下に振ってみました。
これぐらいの角度を付けることができます。
kissとEF-S18-135レンズ上向き kissとEF-S18-135レンズ下向き

ハンドグリップにもなる!

最後に、三脚を畳んで手で脚を持てば、ハンドグリップにもなります。これによりカメラを持ち上げて高い位置から撮影できるようになり、人混みの中でも前方を写すといった使い方もできます。
kissとpixiハンドグリップ

確かに便利そうです。お祭りなどのイベントで活躍しそうです。
バリアングル液晶との相性バッチリです。

まとめ

サイズや重さ、デザイン、機能、値段、どれをとっても、なかなか良いです。完成度が高くオススメです。
卓上三脚として、大活躍間違いなしです!
また軽いので、念のためにカメラバッグに常備しておいてもいいと思います。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする