子ども3人、専業主婦。我が家のお金をかけないところ5選。

こんにちは。芋妻です。

我が家はサラリーマンの夫が家計を支える専業主婦家庭です。

両実家が遠方であったり、夫が子供達の揃う土日に不在がちなこともあり、一馬力で頑張ってもらっています。

そんな我が家が、投資にお金を回すために削っていること5選を綴っていこうと思います。

スポンサーリンク

①幼少期の教育費


小5の長男が、宿題以外にやっているのは市販のドリルだけです。
これまで通信教育をいくつかやらせてきました。

算数のタブレット学習LISUや進研ゼミ、ポピーなど
ですが、ドリル学習を進めている今が一番親子共に負担が少なく、子供も成長を実感できて我が家と相性が良い、と感じています。

彼は20時半までには布団に入り、6時前には目を覚ますので、朝食ができるまでの40分くらいを家庭学習にあてています。

漢字、国語の文章読解、算数、100マス計算、英語のドリルを進めています。

ひとつにつき5分~10分程で終わる内容です。

長男は今特別成績優秀という訳ではありません。ですが中学受験もせず、子供に高学歴を求めてもいない我が家。

基本的な学習習慣がついていて基礎固めをしっかりできている現状は決して悪くないんじゃないかな。と楽観視しています。

新入学の次男は入学半年前から少しずつ、陰山式のたしざんひきざんのドリルをやってきました。

今は教科書準拠のドリル「教科書ワーク」を学校の進度に合わせて進めています。

先取りはせず、学校の進度に合わせて3週程繰り返しやる前提で1日1ページずつコピーして渡しています。

ぺらいちの方が終わりがはっきり見えるので気負わず取り組みやすいのか、毎日短時間ですが学習習慣がついてきました。

なるべく隣についてすぐ成長を褒めたり可愛い花丸をつけると、やる気を出してくれる様子が可愛らしいです!

習い事に関しては、長男が3年前から所属しているサッカークラブのみ。
私自身は幼少期、姉や兄に憧れて両親に習い事をいくつもやらせてもらっていました。
ですがモチベーションが長続きせず惰性で続けたり、習い事を沢山していたことによって幼少期における「無意味で無駄で贅沢な時間」を失ってしまった後悔もほんのりあるのです・・・。
これからも我が家は子供が熱望しない限り、習い事を増やすことには慎重であり続けると思います。

昨年、川遊びで水の楽しさに目覚めた次男の「水泳やりたい」コールが止まらないので、そろそろ水泳を始める予定です。

②旦那と子供の床屋代

パナソニックのバリカンと、仕上げに市販のはさみ、スキばさみを使用して、子供の髪は9年間私が手入れしてきました。
準備と片付けの手間はかかりますが、床屋に連れて行くことを考えたら家でTVを見せながらカットする方が私にとっては気楽なのです。
毎回、付属のカットレシピを横目に刈っていますが、そう酷いことにはなりません。
旦那は数年来坊主なので自分で刈っていて、私が最後に襟足を処理するくらいです。

最近、長男は近所の1000円カットの個人店で床屋デビューしました。

毛量が多くなってきたし、二つつむじの長男のカットは難しく感じていたため手が離れて嬉しいです。床屋には長男一人で行けるようになったので、親もとても楽です。

③住居費


我が家は築35年以上、60平米の賃貸マンションで暮らしています。
少々手狭ですが、小学校や図書館、公園も近くて治安が良く、今の周辺環境はとても気に入っています。

夫婦共に持ち家願望が薄いので転勤がない限り当分この地域の賃貸に住むでしょう。
数年後に中学生になる長男の個室を設けたくて、近所で狙っている物件の空き情報をちょくちょくチェックしています。

④自家用車


数年前に公共交通機関が充実している地域に引っ越してきたのを機に、自家用車を手放しました。
普段の移動は電動自転車が殆どで、週末や週末や長期休みに家族で遠出する際にはレンタカーやカーシェアリングを利用しています。
面倒であること以上に駐車場代や保険代、車検代などコストを削減のメリットを感じているので、この地域に住み続ける限り自家用車は持たないと思います。

⑤洋服代

我が家は家族全員、ワンシーズンで上下3、4セットくらいの服くらいしか持っていません。

楽天お買い物マラソンの時にまとめて購入したり、西松屋やGU、ユニクロのセールで購入することが多いです。

幼稚園に基本置きっぱなしのお着換え用の服は、セカンドストリートなどの中古ショップで300円前後の物を購入しています。

ご近所さんや親戚のお兄ちゃんからお下がりを頂くこともあり、3人子供がいても洋服にかけるお金を今のところごく少なめに抑えられていると思います。

ちなみに私と主人の服はユニクロ率高めです。ブラウスやコートなど長持ちする物以外は、ワンシーズン着倒したら季節の終わりに処分しています。

洗濯機で洗えること、しわになりにくいこと、夏は汗ジミが目立たないことを基準に服を選んでいます。

服に求める物はおよそ、清潔感があるかということぐらいですね。収納スペースも限られているので数もとても少ないです。1シーズンに上下2着ずつ、ワンピース1着くらいしか持っていません。センスも皆無なので着回しも考えずコーディネートはほぼ固定です。

周りには経済的にゆとりがあるご家庭が多いので、我が家の暮らしぶりはだいぶ貧乏くさく映ると思います。でも、どう見られるかより自分達が何を大切にしていて、何を重要視していないのか。明確化してそちらを大事にしていきたい!

自分の好きや素敵を追求できる余力を持った、メリハリストになりたいなーと思って日々生活しています。

タイトルとURLをコピーしました