音楽プレイヤーPioneer MIXTRAXは運動のお供に最適だった

音楽を聞きながらローラー台をやってます。

そんな時に、音楽のテンポBPM(beats per minute:1分間のビート数)とケイデンスrpm(revolution per minute:1分間のペダル回転数)が同じぐらいだと気持ちが良いことに気付きました。
ケイデンスの2倍のテンポでもOKです。

ケイデンスは90〜100rpmでやっていますので、音楽のテンポは、90〜100BPMか180〜200BPMが良さそうです。

ですので、手持ちの音楽のBPMを解析して、その辺りのBPMの音楽を並べれば、ローラー台に最適なプレイリストが作れるのではと思い、そんなアプリを探しました。

そしたらもっと良いものを発見しました。
PioneerのMIXTRAXです。

MIXTRAXオフィシャルサイト | パイオニア – Pioneer

これは、一つ曲を選ぶとそれに似たテンポ・曲調の楽曲を自動で選曲し、DJのように自動で繋ぎ合わせてくれます。

ご紹介します。

公式サイトのここよりダウンロードできます。
http://www.mixtrax-global.com/jp/

PCは無料、iPhone版とAndroid版は有料です。

今回はPC版を使ってみました。

初めて利用する場合は、PC内の曲を解析する必要があります。
1曲辺り2~5秒くらい解析時間がかかりますので、曲数が多いと、すごく時間がかかります。

解析が終わると、曲のBPMが表示され、使えるようになります。
ケイデンスは90〜100rpmでやっていますので、音楽のテンポは90〜100BPMか180〜200BPMが良さそうです。

90〜100BPMか180〜200BPMで聞きたい曲を一つ選ぶと、自動で同じようなテンポ・曲調の曲のプレイリストを作ってくれ、ノンストップで繋いでくれます。

早速、聞きながらローラー台に乗りましたが、予想通り最高でした。

違和感のある繋ぎ方もあったり、BPMが実際の半分になっているものも一部ありますがしかたないのでしょう。
ローラー台以外にもジョギング等で最適なBPMを選んで使うと面白そうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク