【雨の日の遊び方】子ども(3歳)と意味もなく電車に乗る

皆さんは、雨の日、子どもとどのように遊んでいますか?
雨が降ると外遊びが難しく、遊びの選択肢が一気に少なくなり困ります。

児童館に行くという手もありますが、うちの子は、大勢の子どもがいる場所に行くと固まってしまい、終始、他の子どもが遊んでいる様子を観察ばかり。
そうなると、見ている親の方も面白くありません。

ショッピングセンターへお買い物に行くという選択肢もありますが、子どもは楽しくないので、だんだんと機嫌が悪くなってしまいます。

昼寝や夜寝の寝かし付けに時間がかかってしまうので、日中にガッツリと子どもの体力を削いでおきたい。でも、外は雨・・・。

そこで、雨の日の今日は、意味もなく電車に乗って、プチ電車旅行に行ってみました。

スポンサーリンク

今日は電車に乗るよ!

駅まで歩く

家から最寄りの駅までは、歩いて移動しなければなりませんので、子どもにカッパと防水の靴を装備して行きます。

うちの子は、長靴が大嫌いというか、普段と違うモノを身につけるのが嫌なので、普段から防水靴を履いています。↓のアシックス スクスクAC.RUNNERMINI G-TXです。

AC.RUNNERMINI G-TX は、高級雨具でおなじみのゴアテックスが使われており、水溜りに入っても、靴の中まで水が浸み込みません。

普通の靴より、値段がチョッピリ高いですが、長靴を買わなくてもいいことを考えると、トータルで見てお得だと思います。

さて話は戻って、駅まで雨の中、歩いて行きます。徒歩で15分程度。

途中、息子の水溜りへの激しい足突っ込みもありましたが、上記ゴアテックスシューズのおかげで、ほぼ無傷で駅に到着できました。

駅到着でテンションアゲアゲ

乗り物大好きなので、駅で電車を見るだけで喜ぶ息子(3歳)。

GR002140.jpg

普段は、車移動が中心なので、電車に乗れることがわかると、さらにテンションが上がる。

電車の中で、トイレに行きたいと言い出すと大変なので、先にトイレを済ませてから電車に乗り込みます。

電車に乗る前は、テンション高めだった息子も、電車が走り出すと、車窓に張り付いて、過ぎていく景色をずっと見いてました。

下車する駅を相談して決める

降りる駅は、特に決めていなかったので、

私「そろそろ降りてみよっか」
息子「まだ降りたくないー」
私「じゃあ、次の次の駅で降りよっか?」
息子「いいよー」

ゆるーく、子どもと相談しながら降りる駅を決定です。

降りた駅は、普段の通勤では通過するだけの駅。周辺に何があるか全くわかりません。
知らない土地を散歩するのが大好きなのですが、今日はあいにくの雨。

何もなく、少し寂しい感じの駅前ということもあり、駅前探索は諦め、雨をしのげる駅前のベンチで、家から持ってきた焼き芋を一緒に食べました。

帰る

お腹も満たされ、そろそろ帰り方向の電車に乗ることにしました。

駅のホームで電車を待っていと、ふとボールペンのリフィルが欲しかったことを思い出し、帰り途中の駅で、また1度電車を降り、書店に寄ってから帰りました。

やってみた感想

今日乗ったのは、通勤でいつも憂鬱な気持ちで乗っている電車です。
いつもと同じ電車なのに、子どもと休日にのんびりと乗る電車の車内は、どこか暖かく、ほんわかしていて、幸せな気分になりました。

子どもは、6歳未満なので電車代は無料。私は、通勤定期の範囲内だったため実質無料。
家から焼き芋も持ってきてオヤツにしたりと、お金が全然かからないプチ電車旅ができました。

駅から家までの歩きと、駅の階段の上り下りで、まあまあ体も使え、また電車に乗るという珍しいことで気疲れしたのか、子どももよく眠ってくれました。

子ども自身も、「楽しかったー」っと満足度が高めだった様子です。
私自身も満足度の高い、雨の日の子どもと過ごす休日でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする