スマホとガラケーの2台持ちでケータイ代を節約~IIJmioと契約~

Auのスマホ IS04のスペックに限界を感じ、新機種購入のタイミングで、通信コストが安くなるとウワサの2台持ち運用をしてみました。

その月額料金の結果が出ましたので、どれだけ節約できたか公開します。
そして、2台持ちの始め方(手続き方法)をご紹介します。

スポンサーリンク

いくら節約できた?

Auスマホ1台のみの通信費

月々7052円です。以下内訳

befor

IIJmio+auの2台持ちの通信費

インターネットイニシアティブ(IIJ)というのが、今回スマホのデータ通信用に契約したMVNOです。後で詳しく書きます。

IIJスマホ月々948円 + Auガラケー月々1,277円(ついでにAu安心サポートも止めてます) = 計 月々2,225円。以下内訳 afterau     afteriij

節約結果

月々7052円 - 2,225円 = 4827円 

2台持ちにしたタイミングでAuの安心ケータイサポート300円も止めてますので、実質的には、月々約4,500円通信費が安くなり、節約になりました。

2台持ちの始め方

2台持ちする前は、AuのIS04というスマホを使用していました。
そこから、スマホは新しく白ROMを購入しIIJmioと契約+昔使っていたAuのガラケーを復活させて2台持ちとなりました。

2台の使い分けは?

1台は新しくネットで購入した白ROMスマホで、ネットやアプリのデータ通信専用機です。電話はできません。

もう1台は、押入れの中に眠っていた、昔使っていたAuガラケーを再利用して、電話とキャリアメール専用機にします。

新しいスマホにSH-06Eを購入

スマホは楽天市場で購入したSH-06Eの白ロムです。新品で23,000円ぐらいでした。
シャープのIGZOディスプレイを使って見たくて、また凄く安価で評判もまあまあでしたので、この機種にしました。

IS04からの乗り換えですので、様々ところでかなりの進化を感じられ使いやすいです。

大満足です。

新しいスマホのデータ通信の契約はIIJmioにした

通信の契約先は、IIJmioという会社を選びました。
IIJは、MVNOと呼ばれる通信事業者で、ドコモから”電波だけ”借りて、通信事業を行っている会社です。
つまり電波はドコモ並に届きます。(ドコモの電波を使っているので当たり前ですが)。

ただし通信速度は、MVNOにより異なります。

IIJmioを選んだ理由

  • 信頼性が他のところよりマシ。
  • 通信品質が比較的良い。LTEも使える。
  • いくら利用しても料金は変わらない。(利用限度を超えると通信速度制限を受けるだけ)

契約したIIJmioのプラン

高速モバイル/Dサービスのミニマムスタートプランとしました。(一番安いプラン)
月額945円で、ひと月辺り500MBの容量のクーポンを与えられ、クーポンをONにすると上記500MBの容量まで高速通信ができ、OFFにすると3日間で366MBまでの容量で低速通信ができます。

3日間で366MBを超えると、通信規制となってしまいます。

クーポンのON・OFFはユーザーがスマホのアプリにて自由に切り替えできるので、自分で加減調整できます。

<2014.5.17追記> 2014年4月から月々の料金は変わらず、クーポンの容量が500MBから1GBに増えました!うれしい! <追記終わり>

IIJの申し込み方法・利用開始方法は?

IIJのサイトから申し込む方法と、amazon等でウェルカムパックを買う方法があります。

どちらにしても、利用開始のために、3000円程かかります。

申し込みをすると、こんなのがきて、

IMG_3568

このカードからSIMカードを切り離して、スマホに差す。 IMG_3569

そして、説明書通りにスマホの設定をすれば簡単に利用開始できます。

設定所要時間わずか1分。

set

IIJの通信速度を計測してみた

参考に家のwifiとクーポンOFF、クーポンONの通信速度の結果です。
それぞれ2セット計測してみました。単位はMbpsです。いい感じ速度です。

speed

昔使っていたAuガラケーの復活

私の場合、簡単でした。
今まで使っていたAuスマホのプランオプションのISフラット定額を止めただけでした。
同時に安心ケータイサポートも止めました。IS04(旧スマホ)はもう押入れ行きですから。

そして、IS04(旧スマホ)のSIMカードを抜き、昔使っていたAuガラケーに指すだけで完了です。

<備考>

  • 前に自分で使っていたケータイへのSIM差し替えは、SIMロックが掛かっていないため、ショップに行かずにできます。
  • Auには、IS04(旧スマホ)を止めて、昔使っていたAuガラケーを使用すると言わなくても、勝手にSIMを入れ替えたら、翌月の料金明細で、オプション使用料のIS NETがEZ WINに切り替わってました。
    どちらも同じ内容のオプションのため問題なしです。
  • IS04をそのまま、電話・キャリアメール専用機として使い続けてもよかったのですが、やはり定額プランに入っていないスマホは怖いし、電話・キャリアメール専用機としてなら、ガラケーの方が使いやすいと思ったから、昔のガラケーを使うことにしました。

私の2台運用ルール[ケチ臭い]

スマホ運用方法

スマホは基本的に、クーポンOFFで運用。WEBやSNS閲覧するくらいなら割と快適に使えるます。

容量がデカいサイトや動画等を見るときに、読み込みが遅くてイラッと来た時や、3日間366MB制限に引掛りそうなときだけクーポンON。

容量の大きいアプリ等は、家のWifiにてダウンロードするようにします。

ガラケー運用方法

キャリアメールは、gmailに転送するようにし、ガラケーでは差出人・件名受信のみにし、内容はスマホにてgmailで確認。

ネットはできるだけ見ないようにします。

無料通話1000円分をできるだけ節約して、余った分を妻にプレゼントするようにします!

スマホ+ガラケーの二台持ちの損得

メリット

  • 簡単な手続きで始められ、コストメリットがデカい。
    私の場合、月々約5000円節約!年間だと6万円!
  • キャリアの機種縛りがなくて、なんとなく気持ちいい。
  • それぞれの端末の電池持ちが良くなる(当たり前)。

デメリット

  • 2台持ち歩かなければならない(当たり前)。
  • スマホは遊ぶために頻繁に見るが、ガラケーはあまり見ないため、電話着信に気が付きにくい。

まとめ

2台持ち歩かないといけないのは面倒だけど、月5000円も安くなるんだからガマンする!

IIJの通信速度は、普段使いでは気にならない!

以上です。やって良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする