マウスをやめてエレコムの親指トラックボールを使い始めた!

職場で新しく支給されたマウスが使いづらく、自前でマウスを用意しようと思いマウスの物色を始めた。どうせならボタンがたくさん付いている多機能マウスがいいなとか漠然と探してしいたところ、トラックボールという選択肢もあることに気づいた。
トラックボールは、昔、父親が手のひらタイプを使っていて、当時ちょっと触ってみたところ酷く使いづらかった記憶があり、ポインティングデバイスとしては、自分の中では闇に葬り去られ存在を忘れていた。
しかし、トラックボールの素晴らしさが熱く語られいているブログの記事を読んでから、その存在を思い出し気になり始めた。(紹介されていたトラックボールはロジクールのm570t)

ハマる人はハマるし、ダメな人にはとことん使いにくいと言うトラックボール。
今回、デスクに新しい風を吹き込むために、思い切って購入してみることにした。ただ単に刺激が欲しかったとも言う。

新製品でボタンがいっぱい付いているエレコムの「M‑DT1DRBK」というトラックボールを購入した。

「M‑DT1DRBK」は、人差し指でボールを操作するタイプのトラックボールとなる。
他にも、親指で操作するもの、手のひら全体で操作するものがある。
現在の主流である親指タイプのものと迷ったが、人差し指のタイプと迷方が操作のしやすい(らしい)ので「M‑DT1DRBK」にした。
手のひらタイプも操作性は良いらしいが、本体がでかくて値段も高めなので見送った。

スポンサーリンク

マウスの代わりトラックボールを選ぶのはありか?

さて、トラックボールを約2ヶ月使ってみた感想やマウスと比べて使い勝手はどうなのかを書いてみたいと思う。
最初は、ドラッグや細かいボタンを押すのが難しく、やっちまった感が漂ったが、我慢して使い続けたら3日程度で慣れた。
通常のWordやExcelといったオフィスの操作やネットを見るくらいなら、全く問題なくトラックボールは使える。

一度、慣れてしまえば、細かい操作を除いてマウスよりも便利。
マウスとは違い本体自体は動かさず、本体の上にあるボールを操作するという仕組み上、次のようなメリットがある。

  • マウスパッドが不要となり見た目スッキリ、デスクの使える面積もUPする。
  • マウスのように視線を手元に落としてマウスの場所を確認してから手を載せるといったことは不要。視線はいっさい移動せずにせずに、サッとトラックボールを握りこむことができる。必ず同じ場所にある安心感もある。
  • 私の場合、トラックボールはキーボードのすぐ右に置いているので、右手でトラックボールを握りながら右手の親指でキーボードのEnterキーが押せて、これまた非常に便利。
    エレコムM‑DT1DRBKとEnterキー
  • マウスのようにマウスパッドの端まで行ってもカーソル移動量が足りず、マウスを持ち上げては、またマウスパッドに置き直してマウスを滑らせるといったことがトラックボールでは不要。
    トラックボールなら、ボールをずっと転がしていれば、いつまでもカーソル移動ができるので、本体を持ち上げる必要はない。マウスを置くときのガチャガチャ音もなく実に気持ちがいい。
    このことは、トラックボールを使い出して、久しぶりにマウスを使った時に、上記のようにマウスを持ち上げ操作をした時に「なんで持ちあげなきゃならないんだ。めんどくさいし、うるさいなあ」と感じた。マウスしか使っていなかった時には全く気が付かなかったマウスのデメリットである。
  • トラックボールさえ置くことができれば、どんな場所でも操作ができる。例えば、ふとももの上でもOKだし、寝転がりながら布団の上でもOK!

こういったことがあげられる。
これらのメリットは、親指や人差し指、手のひらタイプのトラックボール全般に言えることだと思う。
他には、手首の腱鞘炎予防になると言われている。私は、腱鞘炎になったことがないので、この辺りの効果は不明。

実際の操作感としては、カーソルの移動量が多い操作や目的の位置にざっくり合わせるのは、トラックボールの方がやりやすい。
反対に細かい操作は絶対にマウスの方がいいと思う。
ごく一般的な操作ならトラックボールで全く問題無いが、小さい文字を1文字ずつ選択したり、小さいボタンをクリックするような操作は、トラックボールでできないこともないがストレスが溜まる。
PCゲームのFPSはかなり厳しいと思う。

もう一つのトラックボールのデメリットは、ボールをつたって内部のボール受けに手垢やホコリが溜まるので、定期的に掃除しないとボールの動きが悪くなってしまう。
といっても、私の場合は、息抜きに行うこの清掃が好きで、ごみがいっぱい取れた時は快感である。(耳かきで汚れがいっぱい取れた時に嬉しいのと同じ)
また、掃除後はボールのなめらかな滑りが確実に復活するので、これがまた気持ちがよく、PC作業に対するモチベーションが復活という息抜きとしての効果もバツグン。

総合的に考えて、マウスの代わりトラックボールを選ぶのは”あり”だと思う。

エレコムDEFTシリーズのトラックボール「M‑DT1DRBK」レビュー

では、今回購入したエレコムの「M‑DT1DRBK」を細かく見ていく。
なおAmazonだと「M-DT2DRBK」で販売されている。「M‑DT2DRBK」は簡易パッケージということだそうだ。
中身は「M‑DT1DRBK」と「M-DT2DRBK」に違いはない。
エレコムM‑DT1DRBK本体とレシーバー↑左側に写っているのがUSB接続のレシーバー、1円玉サイズ。
一般的なトラックボールは、ボールを赤とか青とか目立つ色にしてボールを強調している製品が多く、ボールが目玉のようでデザイン的に気持ちが悪く、個人的にはあまり好きではない。
しかし「M‑DT1DRBK」はボールと本体が同じ黒色のため、パッと見ではトラックボールとは気づかれにくい。
あまり目立たなくて個人的には好み。

ボタンは8ボタンということで、通常マウスに3つのボタンが更に付いてる感じ。
人差し指がボール操作を担当。後述するが細かいボール操作が必要な場合は、人差し指に中指を添えると操作しやすくなる。
親指が担当するのは、左クリック・ホイール(チルト付き)・進む・戻る・カウント切替。
↓の写真で”L”の表示があるボタンが左クリックとなる。左クリックボタンの手前側(”L”の表示がある側)は、固定されていて押すことができない。奥にいくほど軽くクリックすることができるようになる。
エレコムM‑DT1DRBK左ボタン左クリックボタンの真ん中の上にあるのがホイールで、その横にあるスライドスイッチが分解能切替スイッチとなる。
分解能切替スイッチは、750/1500カウントで切替できる。ようはカーソルの速度を早くしたり遅くしたりするスイッチ。正直全然使いこなせていないスイッチである。
↑写真の分解能切替スイッチ横の赤い表示は、分解能切替スイッチが1500カウントになっているのを意味する。750カウントだと青色になる。
↓手を乗せてみた。
IMG_6907.jpg

ホイール奥には赤色LEDが仕込まれていて、電源オン時に点滅回数で電池残量が分かり、交換時期のめどが付いて便利。五回点滅 = 満タン、一回点滅 = 終わりかけ と言った具合に点滅する。
使用中に電池残量が不足してくると、使用中でも点滅する。
エレコムM‑DT1DRBK LED点灯

人差し指はFn1・Fn2・Fn3のボタン操作も担当する。
エレコムM‑DT1DRBKボタン6から7

↓のようにFn3ボタンは、人差し指で押そうとすると、だいぶ指を曲げなくてはならず、逆に親指で押そうとすると少し遠いので、若干の使いにくさはあるが十分許容範囲である。
エレコムM‑DT1DRBK Fn3ボタンを押した

中指が右クリックを担当。人によっては薬指で右クリックする人もいるそうだ。
エレコムM‑DT1DRB右ボタン右クリックボタンが異常に長細いので、大丈夫かと思っていたが、実際に使ってみると押しやすい。
常時、右クリックボタンの上に指を載せていても、誤クリックすることはない。
エレコムM‑DT1DRBK握った状態3

左クリックと右クリックのみオムロン製のスイッチが採用されており、信頼性は抜群のはず。クリック感は気持ちがいい。それぞれのスイッチ配置はよく考えられていると思う。

唯一の不満は、ホイールの鳴き・ホイールの滑りやすさ・ホイールチルトの硬さである。
ホイールは、たまにキュルキュルと甲高い異音がする時がある。どういう条件でなるのかは分からないが、本当に稀に鳴く。たまになので、それほど気にしてはいないが。
続いて、ホイールの黒い滑り止めの幅が狭すぎて、滑り止めとして上手く効果を果たしていない。ホイールもちょい固めなこともあって、手が油っぽいと滑って操作ができないことがある。
次にホイールチルトの固さ。最初は固すぎて、右チルト(ホイールを上方向に引き上げる)したときに、トラックボール本体ごと浮き上がってしまったぐらいに固い。
チルトだけするつもりが、固くて上手く操作できず、チルト+スクロールになってしまうこともあった。
ただ最近はその固さに慣れてきたのか、はたまたホイールが使用により緩くなってきたのか分からないが、あまり固いと感じなくなり、操作ミスもしなくなった。よって今現在では、快適とは言えないが特に問題なく使えている。

ちなみに、ホイールの異音とホイールチルトの固さについて、同様の報告がAmazonレビューでもある。

ボールの操作感としては、人差し指だけではポールを上手く動かせず、カーソルの動きがプルプル・カクカクしたりして、まっすぐにスムーズに動かすのは難しい。
同様に細かい動きも力加減が難しくて、思ったよりも行き過ぎてしまったりと微調整が厳しい。

最初は、人差し指操作のトラックボールということで、人差し指一本で操作するものだと思い込み、慣れようと思って頑張っていたが、途中で中指も添えて2本で操作するとかなり安定した操作ができるようになる事に気づいた。
現在は、無意識でボールを大きく動かすときは人差し指1本で操作し、カーソルが目的地付近になったら中指を添えて細かく調整といった操作スタイルになっている。
よほど人差し指が器用な人じゃないかぎり、2本指操作が必要となる場面は多いと思う。

私のPC操作で、細かい操作というとAdobeのLightroomで写真のRAW現像するときに、いくつも並んだ小さいパラメーターをカーソルで動かすという操作があるが、2本指なら問題なく操作できている。

↓のロジクール「m570t」のボールが優秀で、「M‑DT1DRBK」のボールとサイズが一緒なので取り替えると、「M‑DT1DRBK」がさらになめらかに滑りよく操作できるとのことで、是非そのうち試してみたい。

ボール操作で注意たいのが、ボールを左上の斜め方向に動かす時だ。
人差し指を右下のボールのフチから左上の斜め方向にちょっと強め(早め)に動かすと、ボールが一瞬跳ね上がる。本体からボールが飛び出すことは決して無いが、ガチャっと音がうるさいし、カーソルも衝撃でどこかに行ってしまう。
この現象は、トラックボールの握り方が浅い場合に起きる。
深めに握ると、ボール右下のフチに指を乗せにくくなるので、上記現象が起きにくくなる。

ボール受け(支持球)は、高級トラックボールに採用されている人工ルビーが「M‑DT1DRBK」でも採用されている。しかも、大型のルビーを使用しているとういことで、汚れによる埋もれが防げ、掃除頻度を落とすことができるとのこと。
人工ルビーは、機械式時計の軸受けにも、耐摩擦性能と静摩擦の少なさから採用されている高機能・高価な材料になる。

掃除でボールを外す場合は、本体裏側にあるリムーブホールに小指を突っ込んでボールを押してやれば簡単に外れる。指が太い人は入らないかも。
エレコムM‑DT1DRBKボールの取り外し ボールが外れたら、中にある3つの赤いルビーのボール受けを、指なり爪なり布なりで汚れを取ってやればいい。急げは10秒も掛からず掃除が完了する。
掃除が終わったら、ボールを上から押し込んでやれば元の状態に戻る。簡単

本体の裏には、電源スイッチがある。【ローエナジーモード:約125時間駆動】【ハイスピードモード:約76時間駆動】【電源オフ】をスイッチで選べる。
エレコムM‑DT1DRBK裏側ハイスピードモード(H)にすると、ボールを早く動かしたときの追従性が良くなる反面、電池の減りが早くなる。
私は、カーソルが上手く動かない時があると嫌なので、常にHのハイスピードモードで使用している。

電池持ちは、カバンに入れて持ち運びするときだけ電源オフ、それ以外ではハイスピードモードで電源オンにしっぱなしにして2ヶ月間使用しているがまだ電池切れは1回も無い。これだけ電池が持てば全く不満はない。電池はエネループを使用。

↑の写真の電池フタの右側の穴にレシーバーを差し込んで収納できる。フタとかを開けることなくダイレクトに挿して収納できるので大変便利。

↑滑り止めのゴムも面積が広いものが四隅に貼られているので、安定感は抜群である。

エレコムと聞けば、安くて品質もそれなりのメーカーというイメージだったが、この「M‑DT1DRBK」により、いい製品もあるんだと見直した。(まあ「M‑DT1DRBK」の値段は高めなので良くないと困るが)

多機能ボタンの設定例

ボタンの機能割り当ては、無料でダウンロードできる「エレコム マウスアシスタント」を利用して変更可能。
私自身もまだ模索中だが、設定を参考に紹介してみる。

リラックスしている時の片手PC操作用

ちょっと前まで、使用していた設定。
左ボタンと右ボタンはデフォルトのまま、左クリックと右クリック。
チルトのデフォルトである左右スクロールは使わないので、思い切ってホイール周りはコピペ操作にした。
エレコム マウスアシスタント5設定画面.jpg 中ボタン(ホイールクリック):【Ctrl + V】(貼り付け)
チルト左:【Ctrl + X】(切り取り)
チルト右:【Ctrl + C】(コピー)。
ボタン4(デフォルト【戻る】):【戻る】(変更なし)
ボタン5:(デフォルト【進む】):【Tab】
ボタン6(一番奥):【Ctrl】
ボタン7(真ん中):【Alt】
ボタン8(一番手前):【進む】
といった具合だ。

想定している使い方は、ボタン6【Ctrl】を押しながらボタン5【Tab】を押せば、Ctrl+Tabのショートカットとなり、インターネットブラウザならタブの切替、エクセルならブックの切替といったアプリ内の画面切替できる。
同じように、ボタン7【Alt】を押しながらボタン5【Tab】を押せば、おなじみのAlt+Tabのショートカットとなり、ウィンドウの切替(アプリの切替)ができる。
また、クリップボード監視フリーソフトの『clibor』を使用していて、その『clibor』を呼び出すためのショートカットキーが【Ctrl】2回連打なので、そういうときにもボタン6を活用している。

Amuns:code

他にも、【Ctrl】+【左クリック】で、複数選択したり、リンクを新しいタブで開いたりといった操作にも活用できる。
ボタン8は、あんまりいいアイデアが浮かばなかったので、とりあえず【進む】を割り当て。
こんな感じで、キーボードを触らなくてもコピペとウインドウ切替ができる割当にしていた。ダラダラ・リラックスした体勢でマウスにだけ手をおいてPC操作するには良かった。

しかし、上記のボタン登録は左手をキーボードに置いておけば、左手だけでキーボードショートカットで簡単かつ素早く操作できるので、わざわさトラックボールのボタン登録するのは、効果的・効率的とは言えないため、現在は下記の設定にしている。

まじめに(?)PC操作する用

まじめに(?)PC操作する場合に多い、「左手はキーボード左側のホームポジション」「右手はトラックボール」というポジションを考えて、キーボード右側にある【BackSpace】、【Enter】、【Home】、【End】、【矢印】を多機能ボタンへ登録。(【Enter】はトラックボールから手を離さなくてもダイレクトに親指で押せるが)
具体的には、
中ボタン(ホイールクリック):【中クリック(デフォルトのまま)】
チルト左:【End】
チルト右:【Home】
ボタン4:【戻る(デフォルトのまま)】
ボタン5:【進む(デフォルトのまま)】
ボタン6(一番奥):【BackSpace】
ボタン7(真ん中):【Home】
ボタン8(一番手前):【ウィンドウを閉じる】
とした。

コピペや文章作成が便利になった。狙い通りBackSpaceやEnterがトラックボール上でできるので、右手のキーボードとトラックボール間の移動が減ってとても効率的で快適である。

まとめ

仕事道具でもあり、遊び道具あるPC。
自分の体に触れている時間が長いマウスやキーボードにも拘ってみてはいかがでしょか?
人と違う感を漂わせるには、ちょうどいいアイテムでもある(笑。
エレコムの「M‑DT1DRBK」も口コミ通り、トラックボール初心者の私にも大きな不満なく使えるぐらい良いトラックボールであった。

「M‑DT1DRBK」の多機能ボタンにおいても【Enter】と【BackSpace】、【Home】、【End】を割り当てたら、ちょー便利で今では無くてはいられないほどになってしまった。

実は、現在「M‑DT1DRBK」を1つしか持っていないので、通勤時にわざわざ持ち運んで、職場と自宅で使用している。
そのため、もう一つトラックボールを買いたいのだが、同じ「M‑DT1DRBK」をもう一つ買うか、ちょっと冒険して以下のトラックボールを買ってみようか悩んでいる。

LOGICOOL  M570t

Kensington ExpertMouse K72359JP

である。もし「M‑DT1DRBK」以外のトラックボールを購入した際は、ブログで紹介するつもりだ。

【2016年10月2日 追記】
職場用にLOGICOOL M570tを購入して記事にしました。以下からどうぞ!
【レビュー】ロジクールの親指トラックボールm570tを買った | 芋づるハピネス

↑のM570t記事にも書いてありますが、M570tとM‑DT1DRBKボールは、ほぼ同じサイズなので交換が可能です。

ボールを交換すると、こんな感じになります。
M‑DT1DRBKとM570t↑結構カッコよくないですか!?私は好きです。(後ろに写っているのが、エレコムのボールを装着したロジクールm570t)

そして、見た目もそうですが、ボールを入れ替えることで変わるのが操作感です。
とんでもなく良くなります。ボールの滑らかさが全然違います。
一度体験してしまうと、もうエレコムのボールは使えなくなってしまうぐらいに。

もし、エレコムのM‑DT1DRBKを買ったものの、操作しづらいと思う方は、ロジクールm570tのボールに交換をしてみると良いかもしれません。
amazonでロジクールm570tのボールだけ売っているます。ただし在庫切れの場合が多し。

それか、ロジクールのスペアパーツ販売でも購入できます。
スペアパーツ販売

私も、エレコムM‑DT1DRBK用にロジクールのボールを購入予定です。
【追記終わり】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする